むかし の どうぐ。 「昔の道具」博物館

「昔の道具」博物館

の どうぐ むかし の どうぐ むかし

今の教科書みたいなものです。

「昔の道具」博物館

の どうぐ むかし の どうぐ むかし

今は? 滑り止めつきの靴、ゴム長靴など 竹下駄(タケゲタ) 使用年代 明治~昭和中期 (50年ぐらい前まで) 使い方 きんかんなまなまな道(雪が踏み固められたりして凍った道)を滑って遊ぶための下駄です。 灯心の 先に火を灯しました。

16

お米を作る道具

の どうぐ むかし の どうぐ むかし

長さ727mm・高さ655mm・奥行き1055mm ・動力脱穀機 どうりょくだっこくき 足踏み式の脱穀機が、やがて石油発動機に変わり、動力脱穀機となりました。

家のつくり|むかしの道具と人々のくらし|亀山こども歴史館

の どうぐ むかし の どうぐ むかし

懐炉(カイロ) 使用年代 江戸~昭和初期 (70年ぐらい前まで) 使い方 木炭の粉に桐などの灰を混ぜて火をつけると、じわじわと長く燃えます。 今は? 電気アンカなど 参考画像 中の様子 専用のカバー 豆炭(大正9年に発明) 電気行火(デンキアンカ) 使用年代 昭和 (50年ぐらい前まで) 使い方 湯たんぽと同じように使います。

13

お米を作る道具

の どうぐ むかし の どうぐ むかし

日本(にほん)に軍隊(ぐんたい)が生まれ、兵役(へいえき)を終えた人(おえたひと)たちが家(いえ)に帰って、毎回洗う(まいかいあらう)ので、この習慣が広(ひろ)まったと思えます。

家のつくり|むかしの道具と人々のくらし|亀山こども歴史館

の どうぐ むかし の どうぐ むかし

陣笠 今は、ぼうしです。 中国から入ってきたもので、昔は陶器で作られていました。

19

昔の生活道具

の どうぐ むかし の どうぐ むかし

大正時代に回転式の足踏脱穀機が出現するまでの約200年間、広く愛用されました。 懐炉(かいろ) 行火を更に小型化したものが携帯用の暖房器具である懐炉です。

3