クラムボン 宮沢 賢治。 『やまなし』あらすじと読書感想文・考察|「クラムボン」の正体と宮沢賢治の幸福論|ほんのたび。読書感想文とあらすじ

クラムボンは何故かぷかぷわらったのか

賢治 クラムボン 宮沢 賢治 クラムボン 宮沢

。 樺の花がきれいに咲いている」と気を紛らわすように言った。

宮沢賢治/やまなし テクスト(初期形)

賢治 クラムボン 宮沢 賢治 クラムボン 宮沢

」 あわといっしょに、白いかばの花びらが、天井をたくさんすべってきました。 僕だってわざとならもっと大きく吐 けるよ。 』 『大きかないや、おんなじだい。

やまなし/宮沢賢治=クラムボンは正体を明かしてはいけない…

賢治 クラムボン 宮沢 賢治 クラムボン 宮沢

水中から水面を見上げると、外界の様子は、光線の屈折により、丸く見える。 」 「こわいよ、お父さん。

宮沢賢治/やまなし テクスト(初期形)

賢治 クラムボン 宮沢 賢治 クラムボン 宮沢

泡や小さなごみからはまっすぐな影の棒が水の中にならびました。

やまなし/宮沢賢治=クラムボンは正体を明かしてはいけない…

賢治 クラムボン 宮沢 賢治 クラムボン 宮沢

1980年、クラムボンの会を設立し宮沢賢治作品の一人語り出前公演を開始。 (中略)クラムボン=母親説の根拠は「クラムボンはかぷかぷわらったよ」という表現にみられるデリケートな表情の認知・記憶は同種間(カニの間)で最も考えやすく、微少なプランクトンや水の上のアメンボを対象としては考えがたいこと、この「わらい」が幼い子供達にとって大切な母親イメージであるためにこそくりかえして語られていると解されること、などである。

宮沢賢治 やまなし

賢治 クラムボン 宮沢 賢治 クラムボン 宮沢

きらきらっと 黄金のぶちが光りました。 でもカニの兄弟は、魚が戻って来たときに「クラムボンは笑った」と言っていたから、魚は行ったり来たりしているだけで、実際は何もしなかったのかもしれないし、大きな魚はきっとクラムボンと遊びたかったのだなとも思った。

宮沢賢治『やまなし』の「クラムボン」って何?~答えがないを楽しむ

賢治 クラムボン 宮沢 賢治 クラムボン 宮沢

』 『クラムボンはかぷかぷわらったよ。

12

「クラムボン」の正体、ついに明らかに 論争に終止符

賢治 クラムボン 宮沢 賢治 クラムボン 宮沢

おおくの解釈がなされているが、筆者にはクラムボンは兄弟蟹が吐くつぶつぶの《泡》と読むのが自然のように想える。

10